導入事例

漫画家 すがやみつる 様

「ゲームセンターあらし」などを代表作に持つ漫画家のすがやみつる先生は、54歳から早稲田大学e-スクールで学び、現在は京都精華大学で学生にマンガの書き方を指導しています。早稲田大学では教育コーチとして(2013年3月まで)、京都精華大学では専任教員として、教育の現場でサイボウズLiveを活用されています。

すがやみつる先生のサイボウズLive活用術ーー漫画家育成の現場で
このエントリーをはてなブックマークに追加
すがやみつる先生 漫画家 すがやみつる 様 ブログ / Twitter

ゼミのコーチとしてサイボウズLiveを利用

サイボウズLiveをどのような場面でお使いいただいていますか?

早稲田大学の向後先生のゼミで、サイボウズLiveを使っています(参考記事:「サイボウズLiveはオンラインのゼミルームであり、僕の記憶装置」――早稲田大学 向後千春先生)。

e-スクールのコーチとして、学部生、院生を指導しています。学年ごとにe-スクール生のグループを作り、スタッフ同士の連絡や学生への情報共有、課題の指導などで活用しています。

ゼミコーチとして
ゼミのコーチとして複数のグループに参加
大学のゼミでの情報共有ですね。

はい、大学専用の情報共有ツール(ラーニングマネジメントツール)もあるのですが、フォントが固定されていたり、カスタマイズをしないと使いにくいと感じています。

サイボウズLiveは情報共有やコミュニケーションに必要な機能がシンプルにそろっており、使い勝手がとてもいいですね。

スタッフや学生の方は難なく使いこなせていらっしゃいますか?

e-スクール生は社会人も多く、わりとITツールに対して抵抗はありません。サイボウズLiveも簡単に使いこなし、学生は都合の良い時間に書き込みをしています。

24時間使える点が便利ですね。サイボウズLiveを見ると研究の進ちょくや連絡がほぼリアルタイムに分かり、経緯を追いやすいです。

どの機能が便利だと感じていらっしゃいますか?

掲示板に画像ファイルを添付すると、ブラウザ上でそのまま確認できますよね。画像の確認が早くなりました。複数のブラウザ(Internet Explorer、Firefox、Google Chromeなど)できちんと動作する点も良いと思います。

共有フォルダには、学生の論文やレポート、資料を保管しています。保管したファイルをコメントに添付できるため、添削もしやすいです。画像やPDF、Officeファイルなど、研究に必要なファイルをすべて保管しています。

ディスカッションを活性化させるコツは「早いレス」「途中経過も書き込む」

向後ゼミでは、研究生の皆さんが積極的にサイボウズLiveでディスカッションや意見交換をしている点が印象的でした。情報共有を活性化するためのコツはあるのでしょうか?

みんなが率先してツールを使い、書き込みが活性化するコツはいくつかあります。

まずは「とにかく早く返信をする」こと。アジャイル(機動的)に情報共有を進めていくには、メンバーそれぞれのレスポンスが早まるといいです。

向後先生は返信がとても早いので、研究生もそれにつられて書き込みが早くなり、メールよりも圧倒的にスムーズに情報共有ができています。

topics
様々なトピックでディスカッションが行われている
その他意識すべきことはありますか?

途中経過もどんどん書き込む」という意識を持つことですね。

例えば課題の提出について、完成するまで書き込みをしないのではいけません。途中でも、迷っているポイントなどを添えてすぐに書き込むことで、コーチやほかの研究生がアドバイスできます。課題の完成も早まります。

「もっと積極的に書き込みをしてもいいんだ」という雰囲気作りが大切なのですね。

はい。ディスカッションを成功させるコツは「チェアマン」「ファシリテーター」「モデレーター」のように、議論をコントロールして結論を導く人を用意することです。

これはオンライン、オフラインを問いません。サイボウズLiveで早く返信をしたりどんどん書き込みをする人は、これらの役割をいつの間にか果たしているのですね。

京都精華大学マンガ学部に入学予定の高校生に、サイボウズLive上で入学前教育を実施

今後は、サイボウズLiveをどのように使っていきたいですか?

実は、僕が専任教員になる京都精華大学マンガ学部マンガ学科キャラクターデザインコースでは、2013年度入試の合格者に向けて、導入教育の一環として、月に1回のペースで入学前課題を出しています。この課題の提出や講評にサイボウズLiveを使い始めています。

課題を提示
入学前の課題のやりとりにサイボウズLiveを活用
どんな課題を出すのでしょうか?

イラストレーターやマンガ家をしている教員の作品を模写してもらう課題と、全国47都道府県のうちから、毎回、5都道府県を選び、それをキャラクター化してもらう課題です。

教員の作品の模写は、緻密なカラーイラストありモノクロのマンガ原稿ありで、バラエティに富んでいます。自分が描いたことのないような絵にチャレンジしてもらい、幅広い表現を体験してもらうのが目的です。

都道府県キャラの方は、ゆるキャラになりそうな面白いキャラクターができてきて、講評するのが楽しみになっています。

サイボウズLive上で添削
掲示板上で作品を添削
オンライン上の指導の場として使われてるんですね。

それだけではありません。まだ遠慮がちではありますが、教員と合格者、合格者同士のコミュニケーションの場にもなっています。

大学には日本全国、そして海外からも学生が入学してきます。普通だったら入学生同士は、入学式が済んだあとに初めて対面するわけですが、僕が担当するコースではすでにサイボウズLiveを通じて、どんな人たちと一緒に学ぶのかが分かっています。ですから、入学式後の教員と学生、学生と学生のコミュニケーションも、すんなりとできるのではないかと期待しているところです。

なるほど、それはいいですね。

導入教育は、本当のところをいうと、高校側からの要請でもあったんです。AO入試は8月の夏休み中に実施されるため、合格が決まるとつい遊んでしまって、他の受験生に悪い影響を与えるんだそうです。

大学入学に向けて緊張感を保持するためにも、入学前に教育を施してほしいという依頼もあり、「だったらサイボウズLiveでやってみたらどうだろう?」となったわけです。

京都精華大学マンガ学部では、ICT時代に対応できるマンガ家やアニメーターを育てるために、全入学生にパソコンを持たせています。2013年度からはe-ラーニングによる授業もスタートします。

そんなこともあって「パソコンやネットワークを使う練習にもなるのでは......」と、早稲田大学人間科学部eスクールの向後ゼミで慣れ親しんでいたサイボウズLiveの利用を思いついたわけです。

高校生の皆さんはサイボウズLiveを使いこなせていますか?

最初は不安だったのですが、まったくの杞憂でした。合格者の大半がピクシブ(pixiv)に描いた絵を発表していることもあって、何の抵抗もなくサイボウズLiveも使いこなしています

最初からデジタルで絵を描く楽しみを覚えた世代ということで、僕は「ピクシブ世代」と名づけましたが、パソコンやインターネットが、まさに彼らにとっての画材なんです。

そんな高校生にサイボウズLiveがマッチしたわけですね?

はい、その通りです。こんなにスンナリ行くとは、予想もしていませんでした。

京都精華大学マンガ学部の教育にサイボウズLiveが役立てる、これほどうれしいことはありません。

そういえば、京都精華大学マンガ学部に2013年度から「ギャグマンガコース」が新設されます。その専任教員として教鞭を執る竹熊健太郎先生は、『電脳マヴォ』というコミック雑誌をWebで展開しています。この雑誌の編集会議にも、サイボウズLiveが使われているそうです。

電脳マヴォ
電脳マヴォの編集会議にもサイボウズLiveが使われている

ほかにもマンガプロデュースコースの学生が、課題で作りあげる雑誌の編集会議にサイボウズLiveを使ったりと、京都精華大学マンガ学部にも次第に浸透しているようです。

ありがとうございました。

※すがやみつる先生の特別インタビューをこちらでご覧いただけます。
「マンガは理論で成功する」――すがやみつるが考えるヒット作を生み出すための仕組み / プロジェクトの見本帖

トップへ戻る