導入事例

GIRLS STYLING 木原悠紀子様

「女子会」で仲良くなった女性とプロジェクトチームを組み、働く女子のための「GIRLS BAG」を作っています。メンバーは合計10人です。プロデューサーやアートディレクター、PRなどを担当する女性6~7人、カバンのOEM提供先の担当者、物流システム開発の担当者などと協力し、ゼロからGIRLS BAGを企画していきました。

GIRLS STYLING 木原悠紀子様
このエントリーをはてなブックマークに追加

プロジェクトの概要

「女子会」で仲良くなった女性とプロジェクトチームを組み、働く女子のための「GIRLS BAG」を作っています。

メンバーは合計10人です。プロデューサーやアートディレクター、PRなどを担当する女性6~7人、カバンのOEM提供先の担当者、物流システム開発の担当者などと協力し、ゼロからGIRLS BAGを企画していきました。

※GIRLS BAGについて、さらに詳しく知りたい方はこちらをご覧下さい。
「働く女子のワガママバッグを作る!」――女子会プロデュースがきっかけで起業した木原悠紀子さん / プロジェクトの見本帖

プロジェクトの課題

SNSのグループ機能では、情報が流れてしまい後から探し出せない

私はもともと、女子会に参加してくれたみんなが参加するFacebookグループを作ってコミュニケーションをしていました。その延長で、GIRLS BAGプロジェクトにおいても、Facebookグループを使ってプロジェクトの情報を共有するようになりました。

ですが、GIRLS BAGの企画進行が始まると、担当者との諸連絡や女子会メンバーへのヒアリング、企画書の共有など、1日に複数の投稿が行われました。Facebookグループ上に投稿が乱立した結果、情報が流れてしまい、過去のコメントや添付資料を探しだすのが難しくなっていたのです。

プロジェクトメンバーは普段は別の仕事をしています。有志で立ち上げたプロジェクトであり予算もほぼなかったため、専用のファイルサーバなどにコストは掛けることはできませんでした。より安価でプロジェクト進行に適したコミュニケーションツールを探していたのです。

導入効果

情報を整理しながら議論できるように

サイボウズLiveの「掲示板」は、作成したトピックが整理され、更新された情報はホーム画面やグループトップ画面から流れない作りになっています。議論しているトピックがどこにあるのかがすぐに分かり、議論の書き込みや確認がしやすいです。

また、コメントに添付した資料は共有フォルダの「添付ファイル一覧」から簡単に探し出せますし、グループ内の検索機能が充実しているため、キーワードをもとに過去のやりとりをピックアップできます。

GIRLS BAG 掲示板のコメント
掲示板に複数のトピックを作成してコメントでやりとり

サイボウズLiveには、ディスカッションができる「掲示板」や資料保管用の「共有フォルダ」など、プロジェクト進行に必要な機能がまとまっており、それが無料で使えます。私たちのようにシステムにお金を掛けられない有志プロジェクトでも、すぐに使える点が良かったです。

特徴的な運用方法

掲示板で購入者の声をメンバーに共有

プロジェクトメンバーのモチベーションを高めるために、掲示板の使い方を工夫しました。例えばTwitterやFacebookに書き込まれたGIRLS BAGの感想や意見を、掲示板で共有していったのです。

私達が試行錯誤しながら作ったGIRLS BAGを購入いただいた方の反応がすぐに分かり、「受け入れられている」ことを実感でき、お客様の声を参考に新たな企画も検討できました。

また、コメントを見たメンバーが積極的に「いいね!」を付けてくれたことで、お客様の声がメンバー全員に伝わっていることがすぐに分かり、GIRLS BAGプロジェクトに対する全員のモチベーションが上がっていくことを感じました。

定期的に実行するタスクをカレンダーで共有

プロジェクトの予定はイベントカレンダーに登録して、いつでも全体のスケジュールがわかるようにしました。 また、GIRLS BAGのFacebookページへの投稿など、当番制にして定期的に実施する予定は、担当者の名前付きで予定を登録しています。こうすることで、次は誰が当番なのかがカレンダーを見ただけでぱっとわかります。

GIRLS BAG マイカレンダー
イベントカレンダーでプロジェクトの予定や当番を共有

ここがおすすめ! 便利な機能

普段からFacebookを頻繁に使っている私にとって、サイボウズLiveの新着情報の通知がFacebookに届くのは便利でした。プロジェクトに関する重要な通知が届いた時はすぐにサイボウズLiveにアクセスし、コメントを書き込みます。プロジェクト進行のスピードがより高まったと思います。

2013/5/10
トップへ戻る