導入事例

創作集団 CLAMP 様

「魔法騎士レイアース」「カードキャプターさくら」「XXXHOLiC」などの代表作を持つ創作集団CLAMP。現在、「ヤングマガジン」にて『xxxHOLiC・戻』を、「なかよし」にて『カードキャプターさくら クリアカード編』を連載中。

このエントリーをはてなブックマークに追加

いがらし寒月、大川七瀬、猫井椿、もこなの女性4名からなる創作集団 CLAMPが、編集者とのやりとりにサイボウズLiveを利用されています。
サイボウズLiveについて、先生方にお話を伺ってきました。

「サイボウズさん、有難う御座います!」

Twitterで「つかっています」と発信していただき、ありがとうございます。使われた経緯を教えていただけますか。

clamp02.png

2013年3月5日のツイート

もともと企業向けのクラウドサービスを使っていたのですが、欲しい機能がなかったり、逆にすごくたくさん機能がついていたりで使いづらいなと思っていました。
どなたかに紹介していただいたというよりはネット上で少し噂になっていたぐらいのときに、サービスを使わせていただいたのが初めてだったと思います。
βテストみたいのを初期にやってらっしゃいましたよね。それはもう終わっていたはずです。


どのような用途で使うものをお探しだったのですか?

メールで編集者とやりとりをすると、必ず重要なメールが行方不明になっていたんですね。

作家さんだけでなく、こういう仕事をしている人にはよくあることだと思うのですが「re:re:」と返信でやり取りが続くとだんだん違う話題になっている。
最初は「おはようございます」と挨拶ぐらいだったのが、最後は具体的な企画の話になっていたりして、さすがに仕事のやり取りにはちょっと難しいなと感じていました。
一社だけじゃなくて、何社かお仕事をさせていただいていたので、やり取りをどこかでまとめないと難しいとも思っていました。

もう一つは、メンバーが4人いるので、4人の名前でccをしていただくのですが、編集の方がお忙しいと、全員に返信を忘れてしまう。
だんだん全員が外れていって、一人にしか返信がこなくなるという、非常によくあることが続いたので、さすがに無理だなと思って、クラウドサービスを探していました。

その時期にサイボウズLiveのβテストが終わられて、一般にも会員を募集されていたので、使わせていただこうと、なりました。


取材旅行に2日行くと"未読100"

clamp02.jpg

基本的には、編集者の方と、掲示板を使うような運用なのでしょうか?

そうですね、作品ごとにグループを作ってこちらからご招待さしあげています。
例えば、講談社さんだと、ヤングマガジン、マガジン、なかよし、講談社ライツ、講談社契約、など、たくさんのグループになります。


毎日、必ず見るような頻度のやりとりで使われているのでしょうか?

毎日というか、2時間に一度は見ないと、未読がものすごいことになります(笑)。
2日くらい取材旅行にいくと未読件数が100とかになるので、基本外でも見ています。


どういったやりとりがあるんですか?

例えば「メーカーさんがこういうの作ったんですけど、監修してください」という監修物というものがあります。すぐに確認が終わるものもあるんですが、フィギュアとかだとやり取りが長くなることが多いですね。

「ここを直せませんと言ってます」
「直せます」
など、細かくやりとりします。

しかも同じ作品で、同じキャラクターであっても、全然別の作風のものが一気に走り出すので、情報を整理しないとわかりづらくなるんです。

画像もはいってきますが、サイボウズLive ならば、JPEGだったら文章の間にはさめるので、それで監修していきます。
単行本だと「表紙のデザインこうなりました」というのも、全部サイボウズLive にあがってきます。


サイボウズLiveには掲示板の他にも、ToDoリストやイベントなどの機能があるのですが、他に使われている機能はありますか?

あとは、スケジュールですね。
iCal等をつかって、自分のスマフォに流しているメンバーもいます。
一番使っているのは、掲示板とカレンダーかもしれないです。

私たちは、ToDo機能をつかわなくても、「間に合いませんよ」と誰かしらからリマインダーが掲示板にくるんです(笑)
グループのイベントに書いていただいている場合は、それにあわせて動いています。


お星様をつけて、返事をしたら消していく

clamp03.jpg

先生が感じておられる、サイボウズLiveの良いところを教えてください

お世話になっております。

わかりやすいです、本当に。
画面を見てすぐに、今メッセージきてるなというのが見やすいです。
文章の中に画像を差し込めることもすごく便利です。

あと、お星様。


お気に入りのスターのことですね

お星様をつけてさえおけば、わからなくなったらそこを探せば良いですよね。
基本的に返事が必要なものはお星様をつけて、返事をしたら消すを繰り返しています。

今回フラットデザインになったのは、使いやすくなりましたよ。「いいね」通知が右上なのも、わかりやすいです。


「いいね」機能は使われますか?

既読がつかないので、「いいね」は、読みました、わかりました程度でつかっています。

「いいね」が、文脈的に難しいこともあるんですが・・
でも、「いいね」になっちゃいますよね?それ以外の言葉で何にしたらいいのか・・・(笑)。


ご要望としては、「確認しました」っていうのもあります。

Facebook もそうなのですが、「いいね」に相当プレッシャーがかかる世代なので、同意はするんだけど「いいね」としづらい内容の場合に迷うことがあります。

例えば、出版社さんがお詫びを書いていらっしゃって、読んだってことを伝えるために「いいね」は押さないだろう、って。
でもそこで「確認しました」もちょっと固すぎで、難しいですね。
だから「いいね」になるんだろうと思います。

私たちだと「わかりました」「読みました」でしょうか。
既読だとそっけないかもしれないですね。


既読マークがついたほうがより便利ですか?

私たちは良いんですが、上司や取引先からの連絡で、今みたことが伝わったら、絶対返事しなければいけないから開きたくないけど、中身はみたいっていうことがあるんじゃないですか?その時に、既読マークがついたら嫌じゃないかな?(笑)

だから、今のままがいいかもしれません。
「いいね」つければ読んだってわかるので。
あまり闇は掘り起こさないほうが、って気がします(笑)


タイムラインは、グループの性質によって使い分けたい

clamp04.jpg

グループにもチャット機能(タイムライン)を持たせました。今後、新着通知ともっと融合させていこうかと考えているのですが、いかが思われますか?

サイボウズさんの中で、それを近づけたいと思った理由はなんなんですか?


サイボウズLiveは、サイボウズのグループウェアをもっと多くの人に気軽にふれて欲しいという想いで始めたサービスです。グループウェアって難しいツールなので、慣れないとわからない。

そうですね。


ただ、機能をそのままに無料にしただけなので、やっぱりまだ難しいのだろうなと感じています。
掲示板だとか、ファイル管理だとか、スケジュールとかが分かれているので全体を把握することが難しい。
そこで、グループで一つのタイムラインに発言もスケジュールも全部流し込んで、ここだけ見ていればOKという簡単さを追求したいと思っています。

なるほど。
切り替えができるなら、良いと思います。

時系列がわからなくなってしまうのはすごく困ります。

例えば、制作中の絵に対して、
青にしてください
次に緑にしてください
最後に白にもどしてくださいってなった場合に、さかのぼらなければいけなくなるんですね。

そういうツールのほうが使いやすい方もいらっしゃると思うんですが、私たちみたいな仕事をしていると、いつ誰がこれを言ったのか確認していかなければならないんです。
Twitterで仕事しているのと一緒になってしまうので、時系列ごとにおっていく手間が発生するのは厳しい。

職種によると思います。
リアルタイムに企画会議とかをどんどんしていく人たちは、その方がいいのだと思うのですが、基本的に漫画みたいな仕事は、絵コンテが通ると作画まで時間が空いて、その間に編集から何か連絡がくることはほぼない。
そういう職種の人には若干向いてないかもしれないと思います。

理想としては
全部どっちかに統一するのではなく、チャットが使えるグループと、そうでないグループが分かれていて欲しいです。


新機能を把握するのは難しい

最後にサイボウズLiveに期待すること、こんな機能があったらいいなということを教えてください。

グループが多くなってきた時に、表示するグループを調整したいです。
削除するとグループが消えてしまう。
今は、トップページにおきたくないけど、消したくない。
でも、ずっと並んでいるのも困る。


実は、フォルダを作ることができまして、、

え。知らなかった!


個人設定>アカウント>参加グループ で・・

なるほど!
全く気づいていなかったです。

新しい機能がついても、追いかけることができないことが多いので、知らない人も多いと思いますよ。
一つ階段があがりました(笑)


直筆サイン入り本をプレゼント

※ 応募受付を終了いたしました

clamp05.jpg

CLAMP先生直筆サイン入り
「なかよし60周年記念版 カードキャプターさくら①」
を2名の方にプレゼントします。

Twitterで、@cybozulive をフォローし、「#CLAMPとサイボウズLive」を付けて投稿してください。
11月25日までの投稿を対象にし、当選者にはDMでご連絡いたします。
10日以内にお返事をいただけない場合は、当選を辞退されたものとみなします。

ご応募、お待ちしております!

2016年11月11日

[11/28 追記]
 応募受付を終了しました。

[11/11 17:30 修正]
 ハッシュタグを 「# CLAMP×サイボウズLive」 から 「#CLAMPとサイボウズLive」 に変更しました。
どちらも応募対象になりますので、ご安心ください。

トップへ戻る