機能詳細

2011年08月23日

サイボウズLive for iPhoneがバージョンアップ

iPhoneアプリ「サイボウズLive for iPhone」が7月19日に公開されました。そして8月17日にはリリースから1カ月を待たずしてのバージョンアップ。公開時には、AppStoreの「仕事効率化」カテゴリーで、ダウンロード数1位を獲得。多くの人にご利用いただいていることに、サイボウズLiveチーム一同喜んでおります。

AppStoreで1位

今回は、これからサイボウズLive for iPhoneを使ってみようと考えている人向けに、特徴や使い方をピックアップしてご紹介します。

ダッシュボードからスタート

ダッシュボード

アプリを起動すると表示されるダッシュボードでは、サイボウズLiveの主要機能である「新着情報」「マイカレンダー」「担当ToDo」などを一覧できます。操作に迷ったら、このダッシュボードに戻ってきましょう。
ダッシュボードは、サイボウズLiveの全体像をイメージできるようになっています。知人にサイボウズLiveを勧める時は、まずこの画面を見せてみてください。

まずは新着情報を見てみよう

新着情報

新着情報画面では、サイボウズLiveの新着情報を素早くチェックできます。一覧のタイトルをタップすると、内容の詳細が表示されます。移動中でもソファーでリラックスしている時でも、手のひらの中で最新情報を次々と確認できます。
今回のバージョンアップで、新着情報を一括で既読にする機能も追加しました。時計アイコンをタップすると、一括既読の操作ボタンが表示されます。新着情報をざっと確認してからまとめて既読にするといった操作が可能になりました。
新着情報を1件ずつ既読にするたびに生じる待ち時間にストレスを感じていた人も、大量の新着情報をスムーズに確認できるようになったのではないでしょうか。

写真も投稿

写真のアップロード

コメント投稿時に写真を添付することが可能です。iPhoneで撮影した写真をその場でサイボウズLiveにアップロードできます。
今までは、PCのある環境に戻ってから写真をアップロードしていたと思います。サイボウズLive for iPhoneを使うことで、「今起こっていること」をリアルタイムにチームメンバーに共有でき、プロジェクトの進行がさらに加速します。

自分の予定もプロジェクトのスケジュールもさっと確認

カレンダー機能

「マイカレンダー」では、個人スケジュールやグループのイベント情報を確認できます。
今回のバージョンアップにより、マイカレンダーの画面は従来のモバイルサイト表示から、iPhoneアプリケーションの専用画面の表示に変更されました。情報の読み込み速度が大幅に改善されています。サイボウズLive for iPhoneの前バージョンを使っていた人は、操作感の改善を実感いただけると思います。

オフラインでも閲覧可能

担当ToDoを表示

「担当ToDo」「お気に入り」は、オフライン環境でも閲覧できるようになりました。出先で確認したい情報をお気に入りに登録しておくことで、地下など電波が届きにくい場所でも、素早く内容を確認できます。
また今回のバージョンアップにより、担当ToDoとお気に入りもマイカレンダーと同じように、iPhoneアプリケーション専用の画面表示に変更されました。

トップへ戻る