機能詳細

基本機能

グループ

招待されたメンバーだけで情報共有ができるグループスペースを簡単に作れます。

  • ・グループには300人まで参加可能
  • ・無料でいくつでも作れる。
  • ・プロジェクトの情報共有に必要な機能がワンセット
group330

グループの主な機能

共有フォルダ 1グループにつき、1Gバイトまで無料でファイルを保存可能。Microsoft Officeの文書はもちろん、画像やテキストファイル、PhotoshopやIllustratorなどのファイルもアップロードできます。1ファイルあたり25Mバイトまでをアップできるため、メールに添付しにくいサイズのファイルも簡単に共有できます。
掲示板 掲示板のコメント欄でメンバーとディスカッションできます。テーマごとにトピックを作れば、複数の議論が並行しても、混乱することなく同時に議論を進めることが可能です。本文を他のメンバーと共同で編集したり、トピック全体を一覧表示したり、Wikiのような使い方が可能です。
イベント プロジェクトのイベントやスケジュールを登録してメンバーと共有できます。カレンダー形式で閲覧できるから今後の予定が一目瞭然。プロジェクトメンバー全員に重要なイベントの日付を周知できます。iCalendar出力機能によって、Googleカレンダーなど他のカレンダーソフトで登録された予定を閲覧することも可能です。
ToDoリスト メンバーとToDoを共有できます。「いつまでに誰が何をやるのか」「どの作業が完了していないのかといった、口頭やメールでのやりとりでうやむやになりがちな役割分担をしっかり共有できます。登録したToDoは担当者のカレンダーに表示されるため、ToDoの実施もれを防ぐことができます。
リンク集 グループのトップページで、よく利用するWebサイトのリンクを共有できます。
グループ内検索 グループ内の投稿を検索できます。グループ内を横断的に検索できるので、求める情報を簡単に探すことが可能です。
チャット

リアルタイムにやりとりできるチャット機能を標準装備。複数のメンバーとのグループチャットや、1対1のダイレクトチャットを簡単に始められます。

  • ・グループチャットには300人まで参加可能
  • ・チャットに添付できるファイルは1ユーザーあたり1GB
  • ・PCだけでなく専用のスマートフォンからもチャット可能

» チャット機能の紹介ページへ

chat
情報を集約するホーム画面

ホーム画面には参加中のグループの新着情報やイベント情報などが集約表示されます。

画面を移動することなく次々と新着通知の内容を閲覧できるので、複数のグループに参加していても効率良く新着情報をチェックできます。

グループごとに新着通知がまとまっているので、重要なプロジェクトのグループから先に新着情報を確認する、優先順位を考えながら仕事を進めることが可能です。

home330
マイカレンダー

個人の予定はマイカレンダーで管理できます。 マイカレンダーには参加グループのイベントも集約表示されるので、個人の予定もプロジェクトの予定も一元管理できます。

マイカレンダーには、Googleカレンダーや社内のサイボウズの予定を同期することも可能です。(予定の同期にはサイボウズLiveシンクを利用します。)

プロフィール

サイボウズLive上で繋がっている知人とプロフィールを共有できます。連絡先や勤務先などを掲載できるので、名刺代わりに使うことができます。また、140文字以内で「近況」を投稿できます。

新着情報のメール通知

新着情報はメール配信されるので、サイボウズLiveを常にアクセスする習慣がない人にも確実に情報共有できます。

通知先を複数登録できるので、携帯のメールアドレスにも配信できます。メール配信間隔の設定、夜間など指定した時間帯だけ通知を止める設定など、細かな指定が可能です。

Facebook/Twitterと連携

FacebookやTwitterのアカウントで簡単にユーザー登録できます。

FacebookやTwitterで繋がっている知人にサイボウズLiveの招待状を送ることが出来るので、いつもやりとりしている知人と簡単に情報共有をスタートできます。

サイボウズLiveの新着情報をFacebookに表示することも可能です。

スマートフォンアプリ

専用のiPhoneアプリとAndroidアプリを使えば、外出先でもサイボウズLiveでスムーズに情報共有できます。プッシュ通知機能でタイムリーに新着情報を確認できます。
 

bnr_appstore   get_it_on_play_logo_large
group-top chat-detail
ケータイからでもOK

ケータイ用のモバイルサイトもご用意しています。
「PCもスマートフォンも持っていない」という人と一緒に使うことができます。
モバイルサイト ログインページ

ケータイからでもOK

便利な機能

スケジュールを同期

サイボウズLiveシンクを使うと、Googleカレンダーや社内のサイボウズの予定をサイボウズLiveのマイカレンダーに同期できます。

また、iCalendar出力機能を使うことで、グループのイベントをGoogleカレンダーやデスクトップのカレンダーソフトで閲覧できます。
サイボウズLiveシンク for Windows

iCalendar
Wikiのように使える掲示板

サイボウズLiveの掲示板は、情報をまとめて整理するのに便利な機能が搭載されています。Wikiのように情報を整理して共有できます。

カテゴリ カテゴリに分けてトピックを整理できます。 カテゴリのメモ欄には、カテゴリに関する補足情報を自由に記載できるので、カテゴリの使い分けをメンバーに周知できます。
共同編集 トピックの本文を、メンバー全員で共同で編集できます。 編集中は他のメンバーが変更できないようにロックされます。変更履歴の記録や、差分の表示もできます。 コメント欄でディスカッションした結果を本文にまとめ直す、といった使い方が可能です。
まとめ
ページ
掲示板の全てのトピックを、カテゴリごとにグルーピングして一覧表示できます。掲示板で管理されている情報の目次ページとして使うことが可能です。情報の全体像を簡単に把握できます。
リッチエディタ 文字色や文字サイズの指定だけでなく、箇条書き、表組み、引用などの装飾表現を使って文書を作成できます。
matome330

リッチエディタ
アンケート

アンケート機能を使えば、メンバーの意見を簡単に可視化できます。候補ごとの得票数や投票者の一覧が表示されます。

日程や場所の調整だけでなく、複数のアイデアから投票で一つ選びたいといった状況で便利です。

enquete330
スライドショー

共有フォルダにアップした写真や画像をスライドショー表示できます。

いちいちファイルをダウンロードせずに次々と閲覧できるので、デザイン制作など画像のやりとりが多いプロジェクトに便利です。

slideshow

サイボウズLiveをお勧めする8つの理由

1.未読・既読がわかりやすい

未読情報がハイライト表示されるので、どこまで確認したか一目で分かります。投稿が多い場合も、短時間で未読情報をチェックできます。

i_ov_03_01
2.情報が整理できる・探しやすい

グループ内の情報をカテゴリに分けて整理できます。キーワード検索も可能。投稿が増えても、必要な情報をすぐに探し出せます。

i_ov_03_02
3.コメントが見やすい

コメント本文中には、画像や文書を挿入可能。「いいね!」機能を使えば、ワンクリックで賛同の意思表示できます。

コメント欄にYouTubeの動画を埋め込んだり、添付された音楽ファイル(mp3)をダウンロードせずに再生することも可能。

サイボウズLiveならディスカッションがスムーズに進みます。

i_ov_03_03
4.ファイルをバージョン管理できる

共有フォルダに保存したファイルは、3世代までバージョン(世代)管理されます。間違えてファイルを上書きしても、元のファイルに簡単に戻すことができます。

i_ov_03_06
5.プロジェクトの予定がすぐわかる

イベントカレンダーにアクセスすれば、いつでもプロジェクトの予定を確認できます。予定の当日にはお知らせメールを送信。予定を忘れたり勘違いすることがなくなります。

i_ov_03_05
6.役割分担が明確になる

ToDoリストを使えば、あいまいになりがちな役割分担が明確になります。ToDoを担当者やステータスごとに絞り込んだり、期日順に並び替えて進行状況をチェック。進ちょく管理がスムーズになり、プロジェクトの活動が成果に結びつきやすくなります。

i_ov_03_04
7.全画面SSLだから安心

SSLで通信経路を暗号化しているので、ビジネス用途でも安心して利用出来ます。

8.誰でも簡単に使える

シンプルでわかりやすい操作画面だから、ITに詳しくない人がチームにいても簡単に使いこなせます。無料の活用マニュアルもPDFでダウンロード可能。